top of page

みんなで鬼退治

厳しい寒さが続き、子ども達も白い息を吐いたり、冷たい風に頬を赤くしたりと、小さな体で季節を感じています。



節分が近づくと、子ども達は『まめまき』の歌を口ずさみ、節分を楽しみにする様子が見られるようにました。風かおるでは、節分への気持ちが高まるような遊びを取り入れていきました。



カラフルな鬼たちのペットボトルをピンにした手作りのボーリング遊び。ボールを転がして、たくさんの鬼たちを倒せるかな?


「ピンクの鬼をたおすぞ」「青色の鬼をやっつけた!」

ピンを倒して大喜びの子ども達です。



画用紙をビリビリ破いてみました。とでも真剣な表情で、集中しています。


みんなでちぎった画用紙を糊でペタペタと段ボールに貼っていきました。


「何が出来るのかな?」「真っ赤になっちゃったね」


みんなが画用紙を貼った段ボールは…可愛い鬼の玉入れに大変身!!

「鬼さんかわいいね」

カラーボールを鬼に入れると、入れたボールが下から出てくるので、大興奮の子ども達。カラーボールをどんどん入れていきます。

「おにはーそと」と元気な掛け声も聞こえてきました。




節分当日、「鬼くるかな?」と豆まきを楽しみにしている様子の子ども達。

節分のお話を聞いた後は、豆まきをして、みんなの心にいる「いじわる鬼」や「怒りんぼ鬼」などを追い払いました。




鬼退治の後は、福の神が登場し、「みんなに福が訪れますように」とお菓子をまいてくれました。



鬼退治をしてみんなニッコリ笑顔になりました。



みんなで豆まきを楽しんでお腹がペコペコになったので、給食の鬼キーマカレーを食べました。

「鬼さん食べちゃうぞ~」

美味しくて可愛い鬼退治になりました。




節分はもともと季節の変わり目に邪気を追い払うための習慣が、年中行事として定着したものだと言われています。感染症の流行が懸念される中ですが、悪い鬼を追い払い、元気に過ごせますように。

閲覧数:93回
bottom of page